そろそろクリスマスツリーの準備

クリスマスツリーの準備は早めに行う事で長く楽しむ事が出来ます。クリスマスが一年間のイベントでも一番イルミネーションが美しく、盛り上がります。家にクリスマスツリーを飾る場合、セットになっている商品を購入する事が多いですが、大きさによって人気が異なります。リビングなどが吹き抜けのお部屋になりますと、大きなツリーを飾る事が出来ます。大きいとよりリアル感が出て盛り上がります。ライトはLEDランプを使用しますと経済的にお得です。きれいなので、飾っている間はライトを点滅しているとムーディになります。インターネット通販などでも購入する事が出来ます。高級感のある上質な素材で出来たツリーはお部屋に飾ってもゴージャス感を出してくれます。毎年飾る物ですから、少し奮発して高級感のあるクリスマスツリーを購入すると失敗がありません。

クリスマスツリーの飾りに込められた意味

クリスマスツリーは本来は生命力の強いモミの木を使います。ドイツではモミの木には小人たちが集まって幸せをもたらすという言い伝えがあり、少しでも長くいてもらうために可愛らしい飾りでもてなしました。現在では世界各国でクリスマスにクリスマスツリーを置くのは定番となっていますが、飾りにはそれぞれ意味があります。リンゴは中世ドイツのクリスマスに上演されたアダムとイブの物語で登場した木が由来です。当時禁断の木とされるリンゴの木の代わりにモミの木を使い、その木にリンゴを飾っていた名残です。永遠の愛や豊かな実りの象徴で、神を表すこともあります。現在のドイツではリンゴではなく、クーゲルという丸いボールを飾っています。赤色はキリストが流した血で白が純潔、緑が永遠です。頂上に飾られる星はトップスターといって、キリストが生まれた時に賢者をベツヘレムに導いた話に基づきます。

クリスマスツリーの日本と欧米の違い

一年の内で、一番盛り上がるといったイベントのひとつに、クリスマスというイベントがあります。発祥としましては、北欧だと思われ、日本にとりましては、何ら関係のない風習のように思われます。それなのに、いつのころからか始まり、毎年賑わいを見せています。12月24日のクリスマスの前々日の、イブイブから始まり、前日のイブ、そして、当日のクリスマスまで賑わいを見せています。欧米などでは、日本の風習とは逆で、静かに家庭で過ごすことになっているようです。大きなクリスマスツリーを用意して、オーナメントで飾り付け、電飾を巻き付けて、夜になると、とても綺麗に演出されます。このクリスマスツリーも、日本の家庭においては、偽物のツリーを使用するのですが、欧米では、本物のモミの木を用意して飾りつけをするようです。そして、ツリーの下にサンタクロースからのプレゼントが置かれるようです。